豆乳美容コラム

251

インナードライ肌チェック

みなさん、インナードライ肌ってご存知ですか?

 

インナードライ肌とは・・・

肌表面は皮脂でテカテカしているのに、

肌内部はカラカラの砂漠状態になっていることです。

 

冬は、かさつきやツッパリ感でわかりやすいですが、

夏は、汗をかきやすいので肌の乾燥は感じにくいのでは?

コレが落とし穴なんだとか。

 

ついついケアを怠ってしまっていると、

いつの間にかインナードライ肌になってしまいます。

インナードライ肌をほっておくと、

シミやシワ、ニキビの原因になってしまいます。

 

それでは、早速チェック方法をご紹介しますので、

ぜひお試しくださいね。

 

【用意するもの】
セロハンテープ(4cmほど)・(あれば)黒い紙

1.切ったセロハンテープを手の甲に張り、3秒ほどギュッと押さえる。

2.一気にはがす。

 

たったコレだけなんです。

インナードライかどうかは、「白さの濃さ」と「まだら」具合で判定するそうです。

 

それでは、実際に試したスタッフのものを例にご説明します。

 

1.色が濃いが、まだらがほぼない

2.ほぼ色もつかず、まだらでもない

白い色は「肌の角質層」。

肌がもろくなっていると、色が濃く出るそう。

色が濃く出ても、表面だけが取れており、キメが整っていれば問題ないそう。

 

 

 

3.中心がかなり色が濃くなっており、まだらになっている

t02200153_0680047410738741530

全体的に濃い白色(はがれた角質層)がまだらに出ています。

 

いかがでしたか?

 

インナードライ肌を解消するには保湿ケアを怠らないことが大切です。

身体同様、お肌もしっかり水分補給して下さいね。

この記事を書いた人 AUTHOR

tofumoritayauser

会員誌編集部

毎月発行される豆腐の盛田屋会員誌「てをつなごう」で紹介されたレシピ・美容情報を発信。
豆腐や豆乳を使用したヘルシーレシピは必見です!
Posted in 豆乳美容コラムNo Comments » 

関連キーワード KEYWORD

関連記事 RELATED

人気記事 POPULAR