豆乳健康コラム

21

サビない体をつくる!大豆サポニン

<紫外線のダメージで秋に老ける?>

酷暑が続く8月。
毎日燃えるような日差しを浴びていると、暑いを通り越し「痛い」という、ありえない言葉が頭に浮かび、体が溶けていくような錯覚さえ覚えます。
8月は一年の内、最も紫外線が強い時期です。
出来るだけ紫外線を浴びない様に、日焼け止めを使用していても、日々紫外線のダメージは蓄積されていきます。
その結果、大量の活性酸素が生み出され、肌の細胞膜を酸化させます。
酸化によって鉄がサビる、切ったリンゴが空気に触れると茶色くなるように、肌も活性酸素によって、ダメージを受けて錆びるように老化していきます。

眼鏡-3477664_1920

<紫外線A波、B波とは?>

化粧品のCMなどで聞いたことがあるかも知れませんが、紫外線には「UV-A(A波)とUV-B(B波)」があります。

・UV-A~紫外線A波
日焼け止めに、PAと+で表示されていますが、これはUV-Aを防ぐ力を示してします。+が多いほど効力が高いことになります。
UV-Aは紫外線の約9割を占めています。波長が長く、肌の深層部まで達します。窓ガラスも通過するので、室内にいても影響を受けてしまいます。
UV-Aを浴びると、コラーゲンを分解する酵素が活発になり、シワやたるみ、肌のごわつきや乾燥を引き起こします。
これが所謂、光老化と呼ばれるものです。
肌の老化の約8割は光老化が原因です。光老化は秋に実感する人が多く、見た目年齢を老けさせるといわれています。

・UV-B~紫外線B波
B波は、紫外線の5%を占めています。波長が短く肌の表面に影響を与えます。
海に行き、真っ赤になってヒリヒリするのはこのB波によるものです。シミ、ソバカスの原因になります。

<酸化を防止するためには?>

体にとって酸素は必要です。
活性酸素は微量であれば、感染を防御するなど、体にとって重要な役割を果たします。
しかし、大量に生成されると、様々な疾病の原因につながります。
体には元々「酸化防止システム」が備わっていますが、この酸化防止システムにも限界があるので、すべての活性酸素に対応することは出来ません。つまり、酸化防止に役立つ*抗酸化物質を摂ることが必要です。
※抗酸化物質は、活性酸素の発生やその働きを抑制したり、活性酸素そのものを取り除く物質のことです。
お茶のカテキン、トマトのリコピン、ブルーベリーのアントシアニンなどは、強い抗酸化作用がある他、生活習慣病やダイエットにも役立つ成分として知られています。

<猛暑は夏血栓に注意>

熱中症と共に注意をしたいので夏血栓です。
水分不足の状態になると、血液がどろどろになり、血栓ができやすくなります。
夏血栓は初期症状が熱中症に似ていることから、判別が難しいので予防が大切になります。
予防するためには、水分補給を行うと共に、血管を健康に保つ食習慣を取り入れることが必要です。

<大豆に含まれるサポニン>

血管を健康に保つために役立つ成分として知られているのがサポニンです。
大豆を煮ていると、泡のようなものが出てきます。これがサポニンです。
天然の界面活性剤とも呼ばれています。苦味や渋みを持っているので、本来、取り除かれる成分ですが、このサポニンが活性酸素の働きを防ぐ抗酸化物質です。
サポニンは、LDL(悪玉)コレステロールを防ぐ、脂肪の蓄積を防ぐなどの働きが知られていますが、血流改善の効果も期待されているので、夏血栓の予防のためにも取り入れたい栄養成分のひとつです。
サポニンは、小豆、高麗人参、ごぼう、おまちゃづるなどに含まれていますが、手軽に摂れるのはやはり大豆食材です。中でも、高野豆腐にはサポニンが多く含まれていることが知られています。
高野豆腐と言うと、煮物に使う食材のイメージですが、乾燥のまますりおろしてハンバーグに加えたり、戻した高野豆腐を短冊に切り、胡麻油で焼き、肉のかわりに八宝菜などに加えても美味しく召し上がれます。
ぜひ、お試しください。

この記事を書いた人 AUTHOR

fujiwara_sensei

栄養士 藤原たかこ

オーガニック食品や健康食品の開発、アンチエイジングレシピ提供など幅広く活躍中。
著書「“効く”レシピ」
「豆乳とおからのうみゃあ青汁」のレシピサイト“豆腐屋の青汁”では青汁のアレンジレシピや旬の食材の豆知識などご紹介中!
Posted in 豆乳健康コラム, 豆乳美容コラムNo Comments » 

関連キーワード KEYWORD

関連記事 RELATED

人気記事 POPULAR