豆乳健康コラム

49

秋バテ注意報には大豆の力

sunset-2805693_1920

9月に入り秋らしい気温が続き、やっと暑さから解放され、夏バテも回復!と思っていたら...
何だか夏よりも疲れている。気分がすぐれない。そんな不調を感じていませんか?
酷暑の中で過ごしていたせいか、秋の気候に対応出来ない方が多いそうです。
これが流行りの「秋バテ」です。
夏の生活習慣による冷えが原因で自律神経のバランスが乱れることが原因です。

「秋バテに注意が必要な方」

では、今年の夏を振り返ってみましょう。

□毎日のように、冷たい飲み物、かき氷、アイスクリームなどを食べていた
□食欲がなかったので、ざる蕎麦、そうめんなどが中心だった
□スタミナをつけるために揚げ物や焼肉を食べたら、胃腸の調子が悪くなった
□湯舟につからず、シャワーだけで済ましていた
□冷房の中で過ごすことが多く、手足が冷たくなりがちだ
□暑いので、あまり体を動かさなかった。運動不足を感じる

いくつ当てはまりましたか?
当てはまる項目が多いほど、秋バテになる可能性が高く、注意が必要です。

「秋バテの原因」

①寒暖差に対応できない
「風邪やアレルギーではないのに、鼻がむずむずする。くしゃみがとまらない」
これは、寒暖差により自律神経が乱れて起こる寒暖差アレルギーの症状です。
アレルギーという名前がついていますが、通常のアレルギーのような原因物質はありません。
寒暖差は、自立神経に大きな影響を与えると言われています。
自律神経は、様々な内臓器官に関わる重要な神経です。自律神経のバランスが崩れると、全身的症状としてだるさ、不眠、疲れがとれないなどが起きたり、器官的症状として頭痛や動機、息切れ、めまい、のぼせ、立ちくらみ、下痢や便秘、冷えなど多岐にわたります。精神的症状としては、情緒不安定、イライラや不安感、うつなどの症状が現れることもあります。

②食生活の偏り、乱れ
夏場は、ざる蕎麦、そうめんなど冷たい麺料理などで済ませていませんでしたか?
また冷たい飲み物と一緒に、揚げ物や焼肉などでスタミナを補給するつもりが、胃もたれや下痢になってしまったなんてことはありませんでしたか?。冷たいものは胃腸の機能を低下させます。その状態で油ものを食べると、胃腸はかなりのダメージを受けることに。
そして食生活の偏りは、栄養素不足につながります。まず、弱った胃腸を癒してあげ、必要な栄養素を補給することが大切です。

「秋バテ予防、秋バテを解消するために」

①食事
・胃腸に負担をかけない、体を冷やすものをできるだけ飲まない、食べない
・ビタミンB1、ビタミンB2を補給
疲労回復ビタミンと呼ばれているビタミンB1、ストレス状態の時にはビタミンB2が必要です。
炭水化物中心になりがちな方は、ビタミンB1を補給しましょう。
・たんぱく質
たんぱく質が不足すると、筋力の衰えや疲れなどを引き起こし、肌の不調や代謝の低下につながります。
胃腸が疲れている時は、豆腐や白身魚などがオススメです。
・乳酸菌
胃腸が疲れている時は、腸内環境が乱れがちです。体に良い働きをする乳酸菌(善玉菌)を補給してあげましょう。
乳酸菌は腸内環境を整える他、自律神経を整える効果も期待されています。

beans-3452427_1920

秋バテ予防、秋バテを解消をするためには食事の役割が重要です。
そのためには、たんぱく質、ビタミン、ミネラルが摂れる、バランスが良いメニューを選ぶことがポイントです。
「バランスが良い食事って難しい。よくわからない」と思っている方にオススメの食材は「大豆」です。
大豆は大きい豆と書きますが、「大」は豆の大きさのことではなく、「大いなる豆(偉大、立派)」の意味でつけられたと言われています。それほど、素晴らしい栄養を持っている大豆は、植物性たんぱく質、ビタミン、ミネラルもしっかり含まれています。
秋バテが気になったら、カフェタイムを活用しませんか?カフェラテの牛乳を豆乳にしてみるなど、豆乳を使ったあたたかいドリンクメニューがオススメです。
また、ご自宅では、あたためた豆乳にジンジャーパウダーを加えると、ポカポカ効果が高まります。
coffee-2439981_1920

②運動
ウォーキングや軽い運動など適度な運動で体を動かすことは、リラクゼーション効果につながり、自律神経の働きを整える効果が期待できます。

③睡眠
午後のカフェインは早い時間帯に摂取しましょう。
朝方気温が下がり、寒さで目を覚ました時のために、毛布を準備しておきましょう。肩や首を冷やさないようにすることも重要です。

④入浴
心地よい睡眠モードにするためには、入浴の役割が大切です。
シャワーだけではなく、38~39℃のぬるめのお風呂につかりましょう。できれば、就寝する2時間くらい前に入浴するのが理想的です。

夏バテを解消しないうちに秋に突入。そして秋バテを引きずったまま冬になると、風邪を引きやすかったり、免疫が落ちたり、様々な不調につながります。
本格的な秋の前の今のうちに、秋バテ対策を始めて、行楽の秋・食欲の秋・スポーツの秋を楽しみましょう。

この記事を書いた人 AUTHOR

fujiwara_sensei

栄養士 藤原たかこ

オーガニック食品や健康食品の開発、アンチエイジングレシピ提供など幅広く活躍中。
著書「“効く”レシピ」
「豆乳とおからのうみゃあ青汁」のレシピサイト“豆腐屋の青汁”では青汁のアレンジレシピや旬の食材の豆知識などご紹介中!
Posted in 豆乳健康コラム, 豆乳効果の豆知識No Comments » 

関連キーワード KEYWORD

関連記事 RELATED

人気記事 POPULAR